FC2ブログ

長岡京 乙訓寺 空海と最澄出会いの寺 紅葉2019

この日は前から訪れたみたかった乙訓寺


DSC_1938.jpg





当寺は真言宗豊山派長谷寺の末寺であり、聖徳太子が開いた寺院とされ、様々な歴史を刻んでいます。

785年には罪の疑いをかけられた早良親王が淡路島へ流刑されるまでの間に幽閉されていた寺院でありながら、

811年には弘法大師空海が当寺の別当を務め、伝教大師最澄に密教を説いた寺院でもあります。



DSC_1925.jpg


DSC_1926.jpg


DSC_1927.jpg



DSC_1930.jpg

DSC_1932.jpg


めちゃくちゃ紅葉が鮮やかに撮れました

DSC_1933.jpg


昔は物凄く莫大な寺地を誇っていた当寺ですが、現在も厳かな雰囲気は健在であり、静かに紅葉を見ることが

できました。歴史を感じながら眺める紅葉は格別です。


乙訓寺は4月~5月に見事なボタンの大輪を咲かせるとのことなので、今度はその時期に訪れたいです。



スポンサーサイト