in 心霊現象・不思議な話

透視

-- COMMENT
透視というのは体の内部を見たり、土地の様子を見ることができます。

霊的な問題ではなく、現実に起きている問題を見抜く時には透視を行います。

今日はある40代の女性に行った透視結果についてのお話です。

その方は大腸がん検診を受けられ、結果は陰性だったそうです。
しかし、嫌な予感がしたそうで、念のために当方に相談に来られました。


早速透視を行うと、大腸に黒い影が見えましたので、
「検査してもらうように」と、その女性に言いました。



後日、女性は同じ病院に検査に行ったそうです。
その御医者さんは「結果は異常なしに決まっている」と
相当検査をしぶったそうですが、
頼み込んで、何とか了承してくれたとのことです。


約一週間後、大腸内視鏡による検査を受けると、
大腸ポリープが発見され、切除してもらったそうです。
その取り除いたポリープを病理検査に回したところ、
悪性腫瘍であることが判明しました。


もし、再検査を受けていなかったら、「最悪何年後かに
命を落としていたかもしれません」とのことでした。

スポンサーサイト
  • Share