地縛霊による事故はコントロールが利かない

息子が学校から自転車で帰る際に起きた出来事についてです。
2年ほど前になります。


いつも通り自転車をこいでいると、
風が吹いたわけでもなく、体調に異変が生じたわけでもないのに、
いきなり左に引っ張られるように倒れて、ガードレールに足をぶつけ、打撲を負いました。
その後ろからはダンプカーが来ており、
ガードレールがなかったら間違いなく即死だったと言っていました。

さて、息子の事故と同時に反対車線を走っていた中型バイクも転倒したそうです。
そのバイクを運転していた方も大事には至らなかったそうで何よりです。

同時間、両車線で同じように転倒。
かなり低い確率でしょう。

今回のケースは、たちの悪い地縛霊が悪戯を働いたものと考えられます。
スポンサーサイト