配偶者を亡くした後の再婚

私の父は三回忌を待たずに再婚しました。
その女性(義母)とは母が亡くなる前から不倫関係にありました。


さて、母が亡くなってから1年半ほど経ったある日、
私が寝ていると金縛りに遭い、夢枕に母が立ちました。
その母は私を見て「ニコッ」と笑うと消えて行きました。

この数日後、義母がめまい、ふらつく、真っすぐ歩けない
などの体調不良を訴え、大学病院で検査を受けると、
脳腫瘍であることが判明しました。

状態は一刻をあらそい、即手術になりました。
その手術は何とか成功し、事なきを得ました。

この出来事以降、恐怖を覚えたのか、義母は実母の仏壇に
朝晩真剣に手を合わせるようになりました。


人の道に反するということは恐ろしいものです。
スポンサーサイト