最恐映像ノンストップ5 大島てる 事故物件

最恐映像ノンストップ5にあの有名事故物件サイトで有名な

大島てる氏が出演されます。


氏は殺人事件や自殺、死亡事故、孤独死などがあったいわゆる事故物件

をマップ形式で公開している。


氏の行動は同業者から批判的な意見もあるようですが、氏は自身の信念のもと、

この活動を続けている。


そんな氏の中でも印象的な物件があったのだとか。

それは同じマンションの部屋で人が二度も自殺したというもの。


なんと、上の部屋の住人が下の部屋の住人が自殺したのを知ったうえで、

家が手狭なのを理由にその物件を買い、あろうことか、階段を設置して

繋げてしまったらしい。


これはおそらく、建築基準法といった問題でアウトだと思うのですが、

そこは置いときましょう。


すると、その後住民は自殺してしまったのだとか。

これはまさに自殺霊の障りですね。

供養されるどころか、自分の自殺を良い機会だと考えられて、

自身の部屋を荒らされたとわかった霊は取り憑いて障りを起こします。


本日氏がどのような話をされるのか興味があります。


5eb632472056b88c60b62cb93dbb0dbe_s.jpg





さて、アパートやマンションは特に多く、民家でもたまにあるのですが、

「隣(或いは上下)の住人が自殺してから体調が悪い」といったご相談があります。

霊視を行うと、自殺霊が憑いているのです。


その自殺霊を成仏させると、ピタリと体調不良が治まるのです。


このように、周囲の人間の自殺は他の家にも影響を及ぼすことが

ありますので、自殺や悲惨な事件があった場合は気を付けましょう。

特にマンションの場合、一階で自殺者が出てから、その部屋の上のフロアの

2~5Fに住む住人みんなが次々とトラブルに巻き込まれるといった恐ろしい

ケースもあるのです。


事故物件が恐ろしいというのは事実です。

事故物件に住むと、自殺にまで至るケースというのは

余程自殺した人間が凶悪であったり、次に住んだ住人の

心掛けが悪いといった場合に限るでしょう。


しかし、事故物件に住み始めた途端に夫婦喧嘩が絶えなくなったり、

ノイローゼになったりという話は多く聞かれます。


なので、懇ろに供養もせずに事故物件に住むのは

リスクがあるのです。


終わりに

地名は出せませんが、氏のサイトのマップを見ると、事故物件マークが集中

している場所があり、私はその場所の事情を知っています。

その場所は激しい合戦があり、骨が一杯埋まっていることで有名なのです。

そういった不成仏霊が多い場所では自殺が多発します。

自殺した霊は成仏できずに地縛霊となりますから、ますますその場所

は悪い土地になっていく負の連鎖が起きます。


スポンサーサイト