正しい先祖供養の方法と間違った先祖供養 忌日・年忌法要について

80f2d06619948c4ac9e5033c15fe6554_s.jpg





さて、葬儀を終えると、続いては法要が営まれます。

故人が亡くなった日から数えて7日目を初七日といい、

以後、7日ごとに二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日 、

そして百ヵ日と続いていきます。


初七日法要は葬儀の日に行われることもあります。

菩提寺の意向に任せれば良いでしょう。





七日ごとに行われる忌日法要の意味としては

まだまだ種々の迷いと煩悩にとらわれている霊魂が

初七日から四十九日までの計七回をかけて種々の仏様に浄化して

もらうとともに仏法の教えを授かり、成仏へと導かれるのです。


故人が亡くなってから100日目を百箇日と言い、これをもって、

極楽浄土へと出発します。

百箇日は卒哭忌とも呼ばれます。

哭という語は「大声で泣く」という意味なので、

大声で泣くことから卒業するということになります。

故人が亡くなって大変悲しかった気持ちも百箇日(卒哭忌)
を迎えると、ほとんどなくなっているということですね。


さて、百箇日を終えると、年忌が続いていきます。

一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、二十三回忌、

二十七回忌、三十三回忌、五十回忌


近年は三十三回忌をもって区切りとするところが多いです。

これは特に問題ありません。


年忌法要を行う意味としては、故人を偲び、故人があの世で

幸せに暮らせるように祈ることにあります。


この日は特に故人の冥福を強く祈る

日であると思ってもらって大丈夫です。


「私は元気でやってますから、どうか安らかにしてください」

このように願う特別な供養の日なのです。


さて、年忌以外にも祥月命日、月命日があります。


祥月命日は故人が亡くなった日のことです。

7月17日に亡くなられたなら、祥月命日は7月17日になります。


この日は特別な日なので、いつもより強い気持ちで供養するように

し、お墓参りに行くなどして、普段より違った供養を心がけましょう。


月命日は故人が亡くなった日に毎月あります。

7月17日が祥月命日なら、8月17日、9月17日、10月17日、、、

この月命日は普段よりも少し気持ちを込めて供養します。

変化を付けるために、故人が生前好きだった食べ物を供えたり

するのが良いでしょう。


次回は仏壇やお墓について、

そして間違った供養、不成仏について書いていきます。






スポンサーサイト