庭の木を切ってから体調不良と不幸が起きる

Yamasha17511016_TP_V.jpg



庭の木を切ってから、家族が次々と体調不良になったり、不幸な出来事がよく起きる

ようになったというケースがございます。


庭に昔から植えられている木があったとします。

一見するとふつうの木ですが、その木に高級な霊が宿ると、

御神木に変化します。


その木を何の神事を行うこともなく、いきなり切り倒すと、

宿っていた神が怒り、祟りを起こすことがあるのです。


また、高級霊ではなく、ただ単に霊の拠り所になっている

ケースもあります。


その木を丁寧に育て、愛でていた人間が亡くなると、

死後に成仏せず、木に霊として宿ることがあります。


そのような木を切ると、御神木ほどではないですが、

霊障を起こすことがあります。



御神木を切った場合には祟りとしてかなり強く霊障が出ます。

例えば、事故に遭って、体が自由に動かせなくなったり、むち打ち症になったり、

家族が次々とガンに侵される、原因不明の体調不良で寝たきり状態になる

といったことが症状として挙げられます。


不幸な出来事も起きます。

例えば、交通事故にあったり、会社を突然解雇される、火事になる、

急激な事業不振などが起こります。




このように、いきなり木を切り倒すというのは霊的な問題を引き起こす

可能性があるので、気をつけたほうが無難です。


木を切り倒すことが新築の前にあるようでしたら、霊視調査を

されることをおすすめします。


また、木を切り倒してから体調不良や不幸な出来事が起きるように

なってしまった場合は、私が直接怒っている神様にお詫びし、鎮めて、

神々の世界にお戻りいただくようお願いすることができます。


木を切ってから異変が生じてお困りの方はお気軽にお越し

いただければと思います。


関連記事

神様の性質と神罰について
スポンサーサイト