金運上昇に御利益がある神社やお寺には危険がある

金運アップや宝くじの当選などを狙って、

参拝客が殺到するような神社やお寺があると聞きます。



IMARIC20160805383916_TP_V.jpg





これが気休め程度なら良いのですが、

ガチンコでそのような願い事をしにくる人ばかりの

ところもあるようです。



基本的に、神社仏閣というところは普段の自分と家内の

安寧を感謝報告しに行き、その際に身と心を清めてもらう場所です。


そこから派生、発展していき、商売繫盛や縁結び、合格祈願といった

場所になっていきます。

しかし、これらの願い事は生活に密接に結びついており、

気にするほどの「欲」が入っていないのでいいでしょう。



ところが、最初に申したような、「お金」ばかりにスポットを当てたような神社は

「我」が強調されているのに加え欲が強く、「自分だけが」というような思いを持った人間が

集まりやすくなります。


そうなると、神や仏は穢れを嫌って離れてしまい、黒蛇や黒狐、狸、自殺霊

といった低級な動物霊や悪霊の宿り場になってしまうことがあります。



欲深い願い事をすると、そうした低級霊と波長が合ってしまい、

取り憑かれる確率が上がるのです。



もし、取り憑かれてしまうと、原因不明のひどい首のこりなどが現れますし、

通常では考えられないようなトラブルが頻発します。

つまり、運気が上がるどころか急降下してしまうのです。


スポンサーサイト