修学旅行や校外学習で戦地あるいは遺跡に行って起きる体調不良と憑依について



修学旅行や校外学習において、被爆地や戦地、ガマ、炭鉱、遺跡


といった悲惨な出来事が起きた場所に行って以来、体調がおかしくなったり、


集中力が低下、学力が低下し、学業に支障が出るケースがあります。




PP_doukutu_TP_V.jpg





学校側としては「慰霊」「戦争の悲惨さを後世に伝える」といった趣旨で行くのですが、

やはりそういった趣旨が子供全員に完全には浸透しないものです。

中にはふざけたり、じゃれ合ってしまうこともあるでしょう。



そうなると、霊魂にとってはターゲットになってしまい、

取り憑かれて強い霊障を引き起こします。



また、特にふざけていたわけではなくても、

霊の影響を受けやすい、霊媒体質の場合には

取り憑かれてしまうことがあります。



悲惨な出来事があった場所に行ってから、体調に異変が生じた場合は早めの対処が必要です。


スポンサーサイト