青年期の心の不調と自殺願望

中学生・高校生・大学生

この時期は環境の変化や体の成長によって
心に不調が起きる時期であります。


多かれ少なかれ、反抗期などなどで親は苦労
させられるわけですが、さすがに度を超えていて心配になる症状があります。

それは不登校と自殺願望です。
しかも、特に理由がない場合は心配する必要が出てきます。



DSC_0294.jpg




霊や因縁などの影響が出ていると、
いじめられていたり、学校生活に馴染めないといった理由が
特にないにもかかわらず、学校に行かなくなってしまったり、粗暴になったり、
頻繁に自殺の衝動に駆られていたりする子供も少なくありません。


なので、青年期の度を越えた心の不調は霊障を疑ってみることも
時には必要になります。
スポンサーサイト