いくら寝ても寝足りない 居眠り 原因不明 

いくら寝ても寝足りない。
昼間の眠気で仕事に支障をきたしている。




DSC_0416.jpg







このように、睡眠時間をいくら取っても眠気が引くどころか、
さらに寝入ってしまいたいぐらい眠い症状が存在します。


症状を改善するために、まずは内科を受診し、体に異常が見つからなければ
精神科・心療内科、あるいは睡眠外来などで治療に臨みます。


ところが、それでも症状が改善せずに原因が判明しないとなると、
どうしようもなくなってきます。


実は「いくら寝ても寝足りない」といった症状は
霊障の典型例です。

どういった時に起きるかというと、
霊的な問題から自身の生気を吸い尽くされた状態の時です。

霊体や邪気の量が多いと、常に気が枯れた状態に陥ることがあります。
そうすると、せっかくしっかり寝て生じた生気をまたすぐに吸われてしまうので、
また元通りの状態に戻ります。

気が枯れている→睡眠によって少しの生気が生まれる→すぐに吸い尽くされる。

このループを解消するには
霊的な問題を取り除くことが重要になります。


いくら寝ても寝足りない。
居眠りで危険な目に遭っている。

といったことでお悩みの方は
一度霊障を疑ってみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト