スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレパシー

5年ほど前のお話です。
私の妻は末期の乳がんでした。
それがどんどん進行して、最後は多臓器不全による排尿障害で
昏睡状態になってしまいました。

主治医から「あと一週間の命です」と宣告を受けました。

ベッドの傍らで声をかけても、一切反応はなく、
完全に意識不明の状態でした。

死の前日に目をつぶって、テレパシーで
「このような仕事をして、なんでこんな目に遭うんだろうか?
 もし手を動かさなかったら、お前が死んだらこの仕事は
 やめさせてもらう」と伝えました。

すると、その直後に手が上がり、私の手を握り締めたのです。
私はその時、誓いました。「この仕事を続けていく」と。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。