スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通勤中におなかの調子が悪くなる ストレス性疾患は霊障の疑いも

霊障はさまざまな問題を引き起こします。
本日はおなか(腸)の不具合についてです。


一般的には緊張などの強いストレスを頻繁に受けると
おなかがゴロゴロしてきてたり、腸の調子が悪くなったりしますよね。

通勤の最中にそれが起こると、電車を途中で降りてトイレにかけ込む
といった負担を強いられます。

会議中などに同様のことが起きたり、おなかが頻繁にゴロゴロ鳴ると
周囲の目が気になって、さらなるストレスを受けてさらに症状が悪化
するという悪循環に陥ってしまいます。


上記のような
ストレスによって起こる腹痛・膨満感・下痢などの慢性的な便通異常
を過敏性腸症候群と言うそうで、推定で1200万人も患者がいるのだとか。


さて、上記のようなおなかの不具合が起きた場合には
内科をまず受診されるかと思うのですが、原因が分からず仕舞いとなり、
続いては心療内科を紹介されるでしょう。

そちらではおそらく、何らかの診断が下されて、
個々の患者さんに合った治療が開始されるでしょう。

それで改善すれば言うことはありません。


ところが、霊障となると、解決することはまずないでしょう。
神経症的な病の多くは邪気または霊が原因になっている
ことが少なくありません。


私の場合も、強烈な霊障の方の鑑定をさせていただいた翌日は
おなかの調子があまり良く無かったりします。


霊的な問題とおなかの不調は密接に関係していると
言って良いでしょう。



もしも、治らない腸の不具合を抱えていらっしゃいましたら
お気軽にお越しくださいませ。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。