霊障は魂の病気 それは長期にわたる体の不調の原因となる



体に何らかの異常が起こり、疾患が見つかった場合は
医療によって解決するのは今の世の中の常識です。

私も数年前に白内障の手術を受けました。
物が段々と霞んで見えるようになり、やがては失明に
至る恐ろしい病ですが、現代では治すことができます。

このような肉体の異常によって起きる病の場合は
医療機関を受診する必要があります。


1438152292110.jpg



ところが、霊障による体の異変は100%原因不明です。
どれだけ優秀な医療を以ってしてもこればかりは
治しようがありません。


治らなくても、「体質によるものです」や「気のせい」
あるいは「現代医学が追い付いていない」といった言葉によって
片付けられるため、諦めてしまわれる方が多いのです。


残念ながら、病院では「霊的なものです」とは教えてくれません。
自分で気づくか、誰かのアドバイスを受けて気付かなければ、
一生その症状に悩まされ続けることもあるのです。



ではなぜ、霊障は病院では治せないの?
という話になりますが、答えは明白です。
なぜなら、霊障は魂に起きる病だからです。


人というのは肉体と魂から構成されます。
肉体がダメージを負った場合は前述した医療によって
治すことになりますが、魂がダメージを受けている場合は
霊能者がそのダメージを癒す施術を行います。
例えば、悪霊が取り憑いていたとしましょう。

悪霊の場合は攻撃力が高く、魂が大きなダメージを
受けてしまいます。

悪霊に取り憑かれている場合は寝たきりになっている
方も多く見受けられます。

しかし、原因はもちろん不明です。
血液検査でもMRIでも異常なし。
でも、体がだるくて仕方がない。

このような方を何人も見てきました。
霊視をすると、恐ろしい形相の霊体が憑いています。

この恐ろしい霊体を取り除くと、不思議なことに、
今までの症状が嘘のように取れます。
御本人もご家族も私もびっくりです。

普通に何事もなかったかのように治ります。


「今まで悩んできた10年間を返して」
そのようにおっしゃられる方もいらっしゃいます。


病院を転々とされて、色々な治療法も試し、
最後の頼みで行った霊能者のところで治る。
そりゃ「時間を返して」と言いたくなります。

私の場合は大昔からこのような世界に興味があった
ため、霊の恐ろしさというのは理解していましたが、
それらを知らずに普通に生きてきた一般の人は知る余地
がありません。


ですから、原因不明の病が現れたら、それは魂の病だと
思って、できるだけ早期に霊能者のところで対処していた
だければと思います。


上記の「寝たきり」といった症状は大変重いものですが、
軽度なものですと、ひどい肩こりや腰痛といった日常的
なものが挙げられます。

浄霊後に肩こりの改善が見られた方の場合はみなさん
「こんな肩が軽いなんて幼少期の頃以来」
「自分の肩だとは思えないぐらい楽」

といった感想を述べられます。

スポンサーサイト