スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅館で霊が出た

旅館やホテルに霊が出るとよく言われますね。
私はそこらへんについては詳しくないです。
こういった話は心霊研究家の方が詳しいのかな?

ただ、私も実際にとある山の旅館で霊障に遭ったことは有ります。
その話を書かせていただきます。

某旅館で夜寝ていると、真夜中急に息苦しくなり、金縛りに遭いました。
金縛りというのは身動きが取れない状態です。
動こうと思っても動けませんし、声を出そうと思っても出せないのです。

すると、若い女の霊が姿を現しました。
古い江戸時代ぐらいの霊でした。

その霊を眺めていると、テレパシーが伝わってきました。
「すごく無念だ。
私はこんな無念なのに、ここにはたくさんの人々が
楽しみにやってくるのが悔しい」

そういった思いを汲み取ってあげると、
納得したようで「スーッと消えていきました」

祭壇の前ではないので確証はありませんが、
一応成仏したのだと思われます。

なぜ、私の前に現れたのかを考えてみると、
私は遊びに旅館を訪れるわけではないからです。
疲れ切った体を癒すことを目的にしていますし、
霊界とコンタクトを取る仕事をしていますから、
霊も「この人なら話を聞いてくれそう」だと思ったのでしょうね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。