Archive

2018年03月 1/1

有名なタロット占い 西洋占星術 四柱推命 六星占術が当たらない理由

有名な占い師の鑑定が当たらない理由「有名なタロット占いで絶対結婚できると言われたのに振られた」「四柱推命で父親は健康で長生きだと言われたけど、病気がちである」「六星占術で有名な先生に見てもらったら、今年はまたとない転職のチャンスだと言われた転職したら、失敗だった」「西洋占星術では今年は良い年だと言われたのに悪いことばかり起きる」このように、その世界では有名な占い師や占星術師に鑑定してもらったものの...

  •  -
  •  0

墓じまいをしてから体調が優れない トラブルが頻発する

近年、元々先祖代々あったお墓を処分して、都市近郊にある寺院や宗教施設の納骨堂にお骨を移して永代供養してもらい、先祖供養をスリムにする人々が増えています。地方の出身者が東京に家を持ち、生涯定住することになると、親の世代が亡くなれば誰も墓守をする者がいなくなり、墓が荒れて無縁墓になってしまうため、いつでも行ける都市近郊にある施設にお墓を移す人々が多いといいます。他にも、墓を一から買って建てるコストや清...

  •  -
  •  0

新店舗のお祓い・浄化 リニューアルオープン 改装 

最近では店舗のお祓い・浄化のご依頼が増えています。リニューアルオープンに際して、難なく明るいスタートを切りたいというご依頼動機が主です。もちろん、お祓い・浄化の後は商売繫盛の祈願もさせていただきます。賃貸店舗などで商売やビジネスをして行く上で、土地の因縁調査や波動調査は行った方が良いと、経営者の方を鑑定していると思います。霊による悪影響店舗や事務所のオーナーが頻繁に変わる場合には、土地や建物に不成...

  •  -
  •  0

自殺霊の影響によって指にケガを負う

ある日、自殺霊の浄霊に取りかかっていた日のこと。偶然にその日、身内の者が凧糸で指を切ったそうです。理由はその日たまたまいつも決まった位置にあるはずのハサミがなく、何を思ったのか指で凧糸を切ろうとしたらしい(無理に決まってるのに・・・)ということで指に鋭い傷を負ったのでした。驚きはここからです。なんと、今回浄霊に取りかかった霊は首釣り自殺をした霊だったのです。紐を用いて自殺した霊の成仏に取りかかって...

  •  -
  •  0

カエルの祟り 呪い

本日は昔読んだ古い文献にあった心に残ったエピソードです。カエルの祟りA少年とB少年が一緒に下校している途中、2人は道を歩くカエルを見つけました。何を思ったのか、A少年はカエルを捕まえて縛り付けて持ち歩きます。きつく縛られていたために段々弱っていくカエルを可哀想に思ったB少年はA少年にカエルを放してあげるように説得します。すると、A少年は何を思ったのか、急にカエルを思いっきり地面に叩き付けて殺してしまった...

  •  -
  •  0

原因不明の歯の痛み 霊障 スピリチュアル

霊障による原因不明の歯の痛み霊的な影響が原因の治らない病気や症状の中に歯の痛みがあります。これは街の歯科医院に行っても治ることはありません。中には「大きな歯科病院に行っても原因はわからず治らないと言われた」という方もおられます。他にも「歯医者の次にペインクリニックに通ったり、精神科に入院したりして、いろいろ薬を変えても 良くならなかった」という方もおられます。原因不明の歯の痛みの場合、歯科医院で標...

  •  -
  •  0

震災後の不思議な話 怖くない心霊話 タクシー怪談

震災後の不思議な話著者 宇田川敬介震災後の不思議な話 三陸の〈怪談〉 [ 宇田川敬介 ]価格:1296円(税込、送料無料) (2017/6/1時点)大学卒業後、マイカルに入社し、退社後にフリージャーナリストとなった著者が培った人脈をもとに東北で取材し、震災後や震災前に起きた不思議な話を本書では紹介している。地震が起きる前には生物が普段と違った動きをするという定番の話に始まり、虫の知らせや予感によって家族が助かった話など...

  •  -
  •  0

被災地における相次ぐ霊の目撃証言  呼び覚まされる霊性の震災学 3.11生と死のはざまで 

呼び覚まされる霊性の震災学 3.11生と死のはざまで金菱 清 (ゼミナール)編タイトルからすると、霊性ばかりが本書で扱われているかと思われますが、霊性に関する記述は冒頭と目次1に主だって登場します。私的には本書は東日本大震災を社会学の視点によって鋭く考察する内容となっています。もくじの一部をご紹介。1「死者たちが通う町」3「震災遺構の当事者性を超えて」5「共感の反作用」ほか。まずは3について。はじ...

  •  -
  •  0