FC2ブログ

Archive

2017年10月 1/2

東京都北区で起きた土地の悪因縁による死者の頻発 

戦後の東京都北区を襲った恐怖のエピソード長さ50メートル幅4メートルほどの狭い道路を境にした両側の家で次々と人が亡くなっていく。ある年の3月に80代前半のHさん宅のおばあさんが亡くなり、4月に左隣のWさんの家の90歳のおじいさんが老衰で息を引き取る。ここまでなら、普通の高齢者の老衰で済むが、不幸は続く。Hさんの一軒おいた右隣のSさん32歳が7月に交通事故で亡くなる。さらにHさんの右隣Oさん30歳が登山に出掛けた際に...

  •  -
  •  0

デトックスとは科学的根拠はなく邪気払いや波動修正のことを言う

近年、デトックスがブームになっております。デトックスとは体の老廃物を汗を流すことやミネラルウォーターを多量に摂取することによって、排出し、健康を実現することを言います。デトックスは芸能人なども積極的にメディアにて情報を発信し、科学的なもののように取り扱う書籍やメディアも登場しました。ところが、実際には科学的根拠はまったくなく、デトックスとはまさに「自分で行う邪気払い」のことなのです。つまり、ほんの...

  •  -
  •  0

ビル型納骨堂の問題点 供養 永代供養 墓じまい 成仏

宗派などに関係なく、遺骨を受け入れるビル型納骨堂が都市圏を中心に人気となっています。遺骨の出し入れがコンピューターで行われ、何千もの遺骨が収められています。全国に60近くあり、その半数が東京に集中しているといいます。都市部というアクセスの良さに加え、維持管理の手間が省け、檀家制度などの伝統的な煩わしい縛りがないため、人気なのでしょうね。来館し、タッチパネルを操作するなどすれば、ベルトコンベア式に納骨...

  •  -
  •  0

抜毛症は霊障が原因かもしれません 抜毛症 精神科・心療内科以外で改善

現代は抜毛症という原因不明の症状で悩んでいる人が増えているそうです。抜毛症とは自分で自分の髪の毛を引っ張って抜いてしまい、それが癖あるいは快感となって忘れられなくなり、どんどん抜毛がエスカレートしていき、やがては禿げてしまい、容姿を気にして出かける頻度が減ってしまったりします。さらに、髪の毛を抜きたいのに、抜けない状態は精神を不安定にさせ、日常生活に影響を及ぼします。原因は一説にはストレスや強迫症...

  •  -
  •  0

普請祟りを回避するためには土地のお祓いお清めが必要

普請祟りといわれるものがあります。普請とは 「家を建築したり修理したりすること」よって、普請祟りとは家を建てたりリフォーム工事をすることによって、目に見えない存在から何らかの悪影響が及ぶことをいいます。家や土地に手を加えると、その直後から原因不明の体調不良や災いが起こることを言います。原因不明の体調不良とは・体がだるい・体が重たい・食欲不振・不眠症・ノイローゼ・うつ病・神経症・高熱・・頭痛・集中力...

  •  -
  •  0

自殺霊は何度も自殺を繰り返す 首吊り 飛び込み 自殺霊の除霊 浄霊 供養

「自殺をしてはいけない」誰しもがそのように言います。霊能者の意見も同じです。「自殺をしてはいけない」なぜならば、自殺をしても現世の苦しみから解放されるどころか、自殺の瞬間の苦しみを幽界に落ちて味わい続けている、まさに地獄責めにあっている霊魂を何度も見てきているからです。怪談話で電車に飛び込んでいく人の姿を目撃し、急ブレーキをかけて停止しても、何も轢いていなかったという怪現象が報告されていますが、こ...

  •  -
  •  0

相場よりも安い事故物件に注意 事業不振や不慮の事故が多発

他の物件よりも、明らかに安い価格で売りに出されている家や土地、賃貸物件は事故物件の可能性がありますから、注意が必要です。ある経営者の方は、バブル期に土地を購入し、その土地に会社の倉庫を建てて利用していたのですが、その倉庫用地は他の土地に比べて、明らかに安かったため、飛びついて購入したそうです。ところが、この土地を取得してからというもの、売り上げが減ったり、余計なビジネスに手を出してしまい、そのビジ...

  •  -
  •  0

原因不明の電話の故障 電話のトラブル 勝手に電話がかかる 無言電話 心霊 スピリチュアル

電話の故障やトラブルは霊的な問題によって起きることがあります。例えば、掛けた覚えがないのに、というか、掛けてもいないのに電話を掛けた状態になってしまうことがあります。友人「今電話くれた?」当人「いやしてないけど?」友人「でも着信履歴に残ってるけど?」当人「いや、だって携帯は2時間前から電源切って2階に置いてあるし」友人「・・・」といったことが起きることがあるのです。実は電話に関わる心霊現象は数多く報...

  •  -
  •  0

小桜姫物語 霊界通信 昔の霊が語る死後の世界の様相

ジャンルは霊界通信著者 浅野和三郎タイトル 小桜姫物語T夫人の守護神である室町時代を生きた小桜姫という者が夫人の体を借りて話した言葉を著者が筆録して編纂したものが本書となっている。著者は心霊研究の重要性に気付くや否や、それまでの華々しいキャリアを捨ててそれらに没頭する。登場する小桜姫は室町時代末期に生きた城主の息子の妻であったものの、城を落とされて後すぐにこの世を去ったのち、生前の彼女を尊ぶ者たち...

  •  -
  •  0

事故物件を手に入れて事業を始めようとする人に起きる悲劇

相場よりも何割か安い値段で中古物件が売り出されていることがあります。その物件が安い理由を近隣住民に尋ねると、悲惨な事件や自殺などが起きたことがわかったりします。「隣の家は幽霊が出ますから買わないほうが良いですよ」そのような警告を無視して中古物件を買って商売を始めようとした方は下記のような悲劇にあうかもしれません。それは、建物が解体できないという悲劇です。地縛霊などがいるような物件の解体を依頼すると...

  •  -
  •  0