Welcome to my blog

京都の霊能者 龍戒

ARCHIVE PAGE: 2017年05月

稲荷神社に行ってから体の調子が悪い

「稲荷神社に行ってから体の調子が悪い」このケースについてお話しさせていただきます。稲荷神社とは稲荷神(お稲荷さん)をお祀りしている神社です。稲荷神は「お狐さん」を使役、いわゆる眷属として働かせることによって、信者、参拝者に御利益をもたらせるのです。稲荷神は人間にかなり近い性質の神であることから、人間の願い事をすぐさま叶えてくれると言われています。特に商売繫盛に御利益があるとされています。一方で、怒...

心療内科・精神科での出来事 霊

当方に鑑定に来られて良くなられた方のお話です。その方は当方に来られて良くなられる前は心療内科・精神科に通院されておられました。しかし、まったく改善の見込みがなく、状況を打開すべく当方に来られましたところ、原因が悪霊だったため、それを取り除くと、その場で劇的に良くなられました。これも実に多いケースです。精神医学は体内のある物質の量が多すぎたり少なすぎたりすることに着目し、その量を適度な状態に持ってい...

体が冷える 冷え性 悪寒 スピリチュアル

真夏のような暑さとなっている今日この頃ですが、なぜかしら、暑いにもかかわらず、「体が冷えて辛い」といった原因不明の症状でお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。霊は人の体温調節機能に異常を生じさせることがあります。普通の霊体であっても、取り憑かれると、気を吸われるので、体が冷たくなることがあるのですが、下記のようなケースの場合、その症状はひどくなります。例えば、極寒の状態で死に至り、成仏していない...

霊能者がヘミシンクを実践し語る

10か月ほど前からヘミシンクに取り組んでいます。ヘミシンクとはモンロー研究所によって開発されたオーディオ・ガイダンス技術のことです。これだけでは「え!?」となっちゃいますよね。ヘミシンクを平たく説明すると、ある特定のサウンドを聴き続けることによって、左右の脳半球を同調させ、変性意識状態に持っていきます。そうすることによって、集中力を高めたり、痛みや苦痛を取り除いたり、この世とは別次元の空間や霊体に...

それって地獄じゃないですか?

社会的影響力を持つであろうある方が死後の世界、浄土についてこのように説きました。「死者は死後も霊界で働き続けるから、仏壇に生前好きだったお供え物をして、毎日応援しなければならない」と。死後の世界でも働き続けなければならない世界のどこが浄土、天国なのかと、、私からすれば、疑問に思います。それって地獄じゃないですか?...

新居のお祓いお清め

何らかの問題がある家や土地を選んでしまったために家のお祓いを希望される方へ霊関係の問題が家や土地にある場合、新築、中古を問わず、体調不良や仕事、家庭でのトラブルなどが頻発します。他にも、変な音(ラップ音)がしたり、金縛り、人の気配を感じるといったご相談もございます。「地鎮祭をせずに家を建ててしまい、不幸が続きどうすればいいのかわからない」というケースもあります。新居に引っ越してから、気になることが...

お祓い 除霊 浄霊 体がだるい 重い 寝たきり 慢性疲労症候群 

霊障による症状に「体がだるくてどうしようもない」「起きているのもつらい」「一日中横になっていたい」「睡眠をいくら取っても寝た気がしない」「体が鉄のように重い」というような、全身倦怠感があります。その多くは精神科・心療内科によって治療が行われますが、霊障の場合は治ることはなく、ただただ時間だけが過ぎて行き、社会復帰、経済的な負担がどんどん増していってしまいます。例えば、専業主婦の女性が憑依霊の影響で...

金運上昇に御利益がある神社やお寺には危険がある

金運アップや宝くじの当選などを狙って、参拝客が殺到するような神社やお寺があると聞きます。これが気休め程度なら良いのですが、ガチンコでそのような願い事をしにくる人ばかりのところもあるようです。基本的に、神社仏閣というところは普段の自分と家内の安寧を感謝報告しに行き、その際に身と心を清めてもらう場所です。そこから派生、発展していき、商売繫盛や縁結び、合格祈願といった場所になっていきます。しかし、これら...

自殺をすると成仏できるかできないか

自殺をすると成仏できるのかできないのか今日のテーマは重いテーマです。人生で一度は考えたことがあるかもしれません。「死んだ方が楽だ」と。霊性に携わる者のほとんどが自殺はしてはいけないと説いております。おおむね下記のような感じでしょうか。・天に与えられた命を自ら投げ出すと、とてつもない代償を背負うことになる。自分の意思で生まれてきているのだから。・自殺したらなかなか成仏できずに幽界をさまよいつづける・...

水子の供養について

「私の祖母は子供を降ろしてしまい、供養もしていないそうです。 もしかして子供に恵まれないのは水子の祟りでしょうか?」このような切実なご相談が寄せられることがございます。水子供養というのは100%必要というわけではありません。お腹の中の子供に魂が宿るのは3か月経ってからだと言われています。それまでに、中絶手術を受け、きっちりと真剣に「ごめんなさい」の気持ちを持てば、大袈裟な供養は必要ありません。しか...