Archive

2017年01月 1/1

カール・ユングの金言を考える

心理学の巨人カール・グスタフ・ユングはこのような金言を残している。「私は神を信じない。神を知っている。」これは神を信じるか否かを問われた際の彼の答えである。この金言を知って私の内に歓喜が起こった。と同時に落胆した。なぜ落胆したのか?それは現在進行形でこの問いが繰り返されているからだ。日本ではもっと酷いとさえ思う。「霊なんて本当にいると思ってんの?」「多分いないと思うわ。迷信迷信。」老若男女問わずこ...

  •  -
  •  0

徳がない人間が倫理観に欠ける行動を取ると責められる

昨年は不倫の話題がよく上りましたね。鑑定してきた経験上、不倫している人間はろくなものを持ち合わせていません。変な色情因縁に邪気もたっぷりだったり・・・。さて、芸能界を見ていると、不倫を理由にかなりバッシングを受けて休業を余儀なくされるような芸能人もいれば、何事もなかったかのようにテレビに出演をし続け、視聴者からも苦情がほとんど出ない方もいらっしゃいます。両者には何の違いがあるのかを霊的な視点で考え...

  •  -
  •  0

精神を整える。心を磨く言葉。

心が貧しい人間というのは以下の様である。自分が他人にしてあげたこと他人にされたことは事細かに覚えているが、自分が他人にしてしまったこと、自分が他人にしてもらったことはほとんど全く覚えていないものである。...

  •  -
  •  0

下御霊神社 清らかな井戸水が湧く

下御霊神社平安初期の863年に神泉苑で行われた御霊会で祀られた崇道天皇(早良親王)伊予親王藤原吉子藤原広嗣橘逸勢文屋宮田麻呂の六座に吉備聖霊火雷天神を加えた八座、即ち八所御霊を出雲路(上京区)の地に奉祀したのが始まりである。いずれも無実の罪などにより、非業の死を遂げた人物で、疫病流行や天変地異はこの怨霊によるものと考えられ、それを鎮めるために御霊が祀られた。当初。御霊神社(上御霊神社)の南にあったこ...

  •  -
  •  0

解剖実習でふざけていた医師に起きた霊障

新年のご挨拶の記事を投稿したのですが、なぜかしら反映されていませんでした(゚д゚)というか、まるごと消えてましたヾ(o´∀`o)ノシステム障害で痛い目に遭うケースがあります。ネットも便利ですが、そういった点は気を付けたいですね。今年は色々ありそうです。「あの時は間違っていると思ったけど、結果的に良かった」というような方向へと世界的に進んでいってくれたら良いと思います。特にアメリカさま。日本でも小池百合子さん中...

  •  -
  •  0