Archive

2016年12月 1/1

口腔乾燥症 ドライマウスは霊障かもしれない

霊障の中で「のどが異常に渇く」という症状は有名です。霊は水を特に欲しがるようで、人に憑依すると水を大量に憑依者に飲ませて、自らもその気を取り込もうとするのかもしれません。さて、ひどくなると、喉が渇くという症状を通り越してしまう場合がございます。その症状は口腔乾燥症(ドライマウス)と呼ばれ、唾液の分泌が極端に少なくなる状態です。そうなってくると、口の中が常に乾燥したような状態となり、虫歯や歯周病の原...

  •  -
  •  0

西国三十三所 第十九番札所 革堂(行願寺) 京都市役所前で下車して寺町通を歩く1

革堂(行願寺)霊麀山行願寺と号する天台宗の寺院で、西国三十三所観音霊場第十九番札所である。1004年に行円上人によって、一条小川(上京区)に創建された。子を孕んだ母鹿を射止めてしまったことを悔いた上人が、常にその皮をまとって鹿を憐れみ、人々から皮聖と呼ばれていたことから、この寺も革堂となったといわれている。以後、人々から厚い信仰を受け、町堂として大いに栄えたが、度々の災火により寺地を転々とし、宝永五年...

  •  -
  •  0

逆流性食道炎 胸やけ 嘔吐 吐き気 原因不明 スピリチュアル

霊障はさまざまな原因不明の病気に似た症状を引き起こします。本日は原因不明の吐き気や嘔吐についてです。当方には原因不明の胸やけ、治療を試みても改善しない逆流性食道炎によって吐き気に悩まされたり、嘔吐を繰り返してしまって、日常生活に支障をきたしておられる方も来られます。もちろん、何度も病院にかかられても原因が一向にわからないといったケースです。こういった場合は霊視を行うと、9割がた霊や邪気などが憑いて...

  •  -
  •  0

うつ病 不安障害などの精神の不調とスピリチュアル

日本における精神疾患による患者数は300万人を超えています。潜在的な患者を含めると、その数はかなりのものになると推測されます。では精神疾患を患った時にひとまずどうするか?まずは普通の内科を受診、あるいはいきなり心療内科・精神科に行くのが一般的でしょう。受診するとその日のうちに何らかの病名が付き、次回の診察の際に病名を告げられるでしょう。そして、処方箋などによる治療が開始されます。受診した病院で症状...

  •  -
  •  0

いくら寝ても寝足りない 居眠り 原因不明 

いくら寝ても寝足りない。昼間の眠気で仕事に支障をきたしている。このように、睡眠時間をいくら取っても眠気が引くどころか、さらに寝入ってしまいたいぐらい眠い症状が存在します。この場合、肝機能の数値などに重きが置かれるようですし、精密検査も場合によっては行われるでしょう。ところが、それでも原因が判明しないとなると、どうしようもなくなってきます。実は「いくら寝ても寝足りない」といった症状は霊障の典型例です...

  •  -
  •  0