Welcome to my blog

京都の霊能者 龍戒

ARCHIVE PAGE: 2015年04月

京都嵐山を巡る その1

昨日は京都嵐山へ行ってきました。道のり:阪急嵐山駅下車→渡月橋→天龍寺こちらの写真は渡月橋から嵐山を撮ったものです。渡月橋は834年~848年にかけて僧道昌が架橋したのが始まりとされている。京都を代表するスポットとして度々メディアに取り上げられています。外国人観光客からの人気も高く、昨日も多数の方が往来していました。続いては天龍寺へ。こちらは臨済宗天龍寺派大本山になります。1339年に亡くなった後醍...

No image

霊障によるアトピー性皮膚炎にはステロイドは効かない

昨日はアトピー性皮膚炎の方が来られました。手が急に痒くなり、病院へ行き、処方された強めのステロイドを塗っても一向に良くならないということでした。やはり、不成仏霊が憑いており、神気によって成仏させました。すると瞬時に「それまでかきまくっていたのが嘘のように痒みが取れた」とのことでした。ステロイドというのはアトピーには非常に有効なお薬ですよね。ところが、今回のような霊障による痒みの場合は全くあるいはほ...

京都市内で一番の面積 世界遺産醍醐寺

昨日は醍醐寺へ参拝に行ってきました。醍醐寺は真言宗醍醐派の総本山です。世界文化遺産に登録されており、西国第十一番札所になります。874年に弘法大師の愛弟子である理源大師・聖宝により創建されました。醍醐天皇が醍醐寺を祈願寺にされ、朱雀天皇、村上天皇の三代にわたって帰衣されたそうです。天皇の莫大な財力によって山上山下にわたる大伽藍を完成。山上を上醍醐と呼び、薬師堂、五大堂があります。山下を下醍醐と呼び、...

No image

最強の武士その2

本日来られた方のお話です。最強の武士その1の続きです。霊視を行うと、以前と全く同じ姿の武士が視えました。前回よりも霊体が薄くなっていました。この霊体に神気を送ると、姿を消しました。素直に成仏したのです。依頼者の方もその場で「体から霊が抜けて行ったのがわかった」とおっしゃられました。前回来られた直後から商いがうまく行き出したそうなので、これで完全に元の軌道に戻るでしょう。...

No image

鑑定にかかる時間について

ご予約の際に「時間はどれぐらいかかりますか?」とのご質問をよくいただきます。時間は内容によって変わってきます。例えば、「肩こりがひどい」といった場合には浄霊含め30分程度です。「家族みんなが不幸で家の中がぐちゃぐちゃ」といった場合には御本人を含めて御家族の何人かを霊視しますので、2時間程度かかることが御座います。御本人だけの問題であってもご依頼内容が複雑な場合は1時間程度かかります。今までの経験上、1...

No image

最強クラスの武士その1

昨日来られた方のお話です。その方は原因不明の業績低迷で来られました。早速霊視を行うと、「大鎧を纏った武士」が姿を現しました。浄霊のために神気を送るも成仏する気配はありませんでした。このクラスになると、一度目は霊体の周りにガスのように舞う邪念を取り払うので精一杯です。二度目になると、霊体も後ろ盾を失うため、防御不能になるわけです。次回はどうなるか?素直に成仏するか、それとも?...

No image

見解の相違

みなさんはわからないことはありますか?これだけ科学が発達すると、わからないことは無いとおっしゃる方もおられるかもしれませんね。我々の世界は分からないモノづくめです。何せ、目に視えない、測ることのできない世界ですから。頼りになるのは神仏と己の霊能力と、価値観や視えているものが同じの同志のみです。さて、霊能者の言うことは時として見解が分かれます。その具体例を今日は一つ挙げたいと思います。ここにパワーブ...

No image

採用候補者の霊視

昨日は経営に関するご相談でした。内容は「採用候補の人間を霊視してほしい」とのこと。この時期恒例です。何やら、私が霊視して選考させていただいた方は適性があるらしく、真面目に生き生きと働いてくださるとのことです。このように言っていただくと、うれしくなります。昨日の方によると、採用する側、採用される側、双方にメリットがあるようです。採用する側は筆記試験、書類や見た目では判断できない事を把握できますし、採...

No image

人の上に立つものは邪気が多い

ここしばらくは邪気払いのご依頼ばかりでした。現代は昔と違い、何かにつけてイライラしますからね。邪気は社会的地位が上がるにつれて増える傾向にあります。地位が上がると、それだけ妬みや恨みを買いやすくなるためです。例えば、係長から課長になったとしましょう。役職が上がれば責任もそれだけ大きくなりますから、責任を全うするためには自分の下で働く人間に激を飛ばす必要があります。すると、部下に「課長め、偉そうに」...