Welcome to my blog

京都の霊能者 龍戒

CATEGORY PAGE: 心霊現象・不思議な話

解剖実習でふざけていた医師に起きた霊障

新年のご挨拶の記事を投稿したのですが、なぜかしら反映されていませんでした(゚д゚)というか、まるごと消えてましたヾ(o´∀`o)ノシステム障害で痛い目に遭うケースがあります。ネットも便利ですが、そういった点は気を付けたいですね。今年は色々ありそうです。「あの時は間違っていると思ったけど、結果的に良かった」というような方向へと世界的に進んでいってくれたら良いと思います。特にアメリカさま。日本でも小池百合子さん中...

可愛いオーブが映り込みました

洛西ののどかな田園風景を撮影しておりましたら可愛らしいオーブが撮れました。太陽を撮影すると、可愛らしいオーブが出現です(^-^)/...

No image

発光体の正体2

前回の若干不気味?な写真についてのつづきです。答えは「ビルの光」です。画面左手のオーブ軍団はビルの光がまるでオーブのように写ったものです。赤のオーブらしきものはヘリポートを照らす赤いライトです。けっこうオーブの類は見間違いやトリック物が多いです。※ただし本物もあります。...

心霊写真? 複数の発光体(オーブ)の正体に迫る

夜空の見事な満月をカメラに収めようとスマートフォンに内蔵されているカメラのシャッターを切った。後日その写真を確認してみると、複数の発光体が写っていた。さらに月に向かって重なり合った発光体が昇っていく。さて、この発光体の正体とはいかに?...

No image

読経や法話に長けているか、秘術に長けているかの違い

僧侶(宗教家)のお経について書かせていただきます。私はこれまでに何人もの僧侶の方のお経を拝聴してきました。もちろん、リアルタイムでです。その中でも、印象的なのは今現在法要に足を運んでいただいている住職様の読経です。何といいましょうか、ものすごく心が清らかになって、家の中の空気が良くなるのがわかります。この技は私にはとてもじゃないですが、真似できるものではありません。私の場合は読経が苦手ですし、洗練...