Category

先祖供養 1/2

配偶者が亡くなってから親の様子がおかしい

東京都 40代女性のケース 配偶者が亡くなってから生じた親の異変「3か月ほど前に父親が亡くなりしばらく経ってから、母親の様子がおかしくなりました。夫婦仲が良く、どこで何をするにも一緒だったため、悲しみが大きかったせいだと思い、異変を放っておいたのですが、どうもそれがひどくなる一方なので、さすがに気になりはじめました」どのような異変かというと、ブツブツと独り言が増え、物忘れがひどくなるというもの。家...

  •  -
  •  0

ビル型納骨堂の問題点 供養 永代供養 墓じまい 成仏

宗派などに関係なく、遺骨を受け入れるビル型納骨堂が都市圏を中心に人気となっています。遺骨の出し入れがコンピューターで行われ、何千もの遺骨が収められています。全国に60近くあり、その半数が東京に集中しているといいます。都市部というアクセスの良さに加え、維持管理の手間が省け、檀家制度などの伝統的な煩わしい縛りがないため、人気なのでしょうね。来館し、タッチパネルを操作するなどすれば、ベルトコンベア式に納骨...

  •  -
  •  0

先祖供養はなぜ必要なのか? 先祖の不成仏霊と先祖の障り

先祖供養、先祖供養と一口に言っても、意味が分からない人が現代では多いかもしれません。なぜ必要なのか?という疑問が生じている人も多いのではないでしょうか。本日はなぜ先祖供養が必要なのかについて考えていきましょう。さて、人は死によって肉体に宿っていた魂が肉体から離れると、この世を去ると同時にすぐに霊界に行くか幽界に身を置くことになります。幽界の表現は様々あります。多種多様です。しかし、一般的には冥土と...

  •  -
  •  0

 仏壇とお墓 先祖供養のやっていいこと悪いこと 墓じまい

今回は仏壇とお墓について、何が正しくて何が間違いなのか。そして、先祖供養のタブーについてもご紹介します。●仏壇について家族が亡くなると、仏壇やお墓を購入するという方もおられるかと思います。仏壇は身の丈に応じた値段のものを購入されるとよいです。「高い仏壇だから成仏が早い」といったことはありません。●戒名は信士、信女、居士、大姉、といった位号のほかに院号、菴号、軒号などの称号が付くものがあります。称号は...

  •  -
  •  0

正しい先祖供養の方法と間違った先祖供養 忌日・年忌法要について

さて、葬儀を終えると、続いては法要が営まれます。 故人が亡くなった日から数えて7日目を初七日といい、 以後、7日ごとに二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日 、そして百ヵ日と続いていきます。 初七日法要は葬儀の日に行われることもあります。菩提寺の意向に任せれば良いでしょう。七日ごとに行われる忌日法要の意味としてはまだまだ種々の迷いと煩悩にとらわれている霊魂が 初七日から四十九日までの計七回をかけ...

  •  -
  •  0