Welcome to my blog

京都の霊能者 龍戒

CATEGORY PAGE: 説法と現代社会と倫理

それって地獄じゃないですか?

社会的影響力を持つであろうある方が死後の世界、浄土についてこのように説きました。「死者は死後も霊界で働き続けるから、仏壇に生前好きだったお供え物をして、毎日応援しなければならない」と。死後の世界でも働き続けなければならない世界のどこが浄土、天国なのかと、、私からすれば、疑問に思います。それって地獄じゃないですか?...

民間療法の行き過ぎた施術に注意 頸椎骨折で寝たきりになるリスクも

民間療法はご存知ですか?民間療法とは医師によらない民間によって生み出された治療法を言います。代表的なものはマッサージですね。「腰痛が整形外科に通院しても良くならなかった場合に、Aという民間療法士に独自の手法でマッサージしてもらうと、見事に改善された」というのが成功事例として紹介されたりしています。西洋医学的な手法がうまくいかなかった場合に、民間療法や東洋医学を取り入れて改善するケースはたまにありま...

神を恨むこと

世界共通ですが、不幸な出来事が起きると、よくこのような言葉が発せられます。「神はなんてひどいことをするのか?」「神も仏もあったもんじゃない」しかし、神仏は基本的に、地球のレベルを上げるために常日頃、祈ってくださっています。不幸な出来事は神々が引き起こすというよりも、自然や人間の行いが原因となって生じます。日本人には自然が神だという宗教観が根底にありますから、自然災害は神の仕業だと考え、「神様なんて...

墓参りや先祖供養を大事にすることと憑霊

「占い師に先祖供養をしなさいと言われた」「住職に墓参りを欠かしてはいけないと注意された」このようなことを指摘されたから先祖供養や墓参りを実行したものの、霊障が治まらないといったご意見が後を絶ちません。実は「先祖供養をしなさい」という占い師は数多くいるようなのですが、これは言い換えれば、相当きつい言葉なのです。なぜなら、「あなたの御先祖は現世での行いが悪く、霊界で苦しんでいるから供養してあげなさい」...

プライドが高い 自尊心が高い

プライド、自尊心。それは多かれ少なかれ誰にしもあります。しかし、それが暴走してしまうと、良いことは自身の手柄とし、悪いことはすべて他人の責任にしてしまいます。小さなプライドを守るために必死になって周囲に攻撃的になれば、多くの信用を失いかねません。...