京都の霊能者 龍戒

スピリチュアルや不思議な出来事について書いていきます。神社仏閣を訪れた際に感じた不思議なことも書いております。

霊視 除霊 浄霊 除気(邪気祓い) 因縁供養 について

1433388107645.jpg


ご予約 090-8193-5685
※非通知設定は解除しておかけ下さい


HP http://www.reikan-ryukai.com/


霊障はさまざまな問題の原因となります。
原因不明の痛み、体調不良、災いに苦しまれている方は
お気軽にお越しください。


電話による霊視鑑定も行っております。
出張鑑定は出張料金+交通費実費にてお受けいたします。


霊障とは?

霊障とは霊的障害のことを指します。
霊的なものによって原因不明の体調不良や災いが生じます。
霊障の原因となるものはこちらをご参照ください。


当方に来られる方で多いのは


症状
肩こり 腰痛 めまい 強い眠気 頭痛、 
眼の奥の痛み 動悸 うつ病 アトピー性皮膚炎


災い
経営不振 人間関係のトラブルなどです。


料金はHPの料金欄に記載しております。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スピリチュアル ブログランキングへ

スピリチュアルヒーリングについて

KAZTDSCF6970_TP_V_20170429161249088.jpg




スピリチュアルヒーリング 


独自のヘミシンクを用いたセラピーです。

神道においては神界、ヘミシンクではフォーカス49に存在する

守護神に依頼し、メンタルの改善、医療では治せない痛みの緩和を行います。


メンタル、腰痛、神経痛、慢性的な肩や首の凝り、打撲による後遺症、術後の痛み
などに効果が期待されます。


やる気が出ない、集中力の低下、体のだるさ、原因不明の慢性的な痛みや

突発的な痛みであり、且つ霊障が原因でない場合に特に効果が期待されます。



本当に病気である場合→医療機関で改善

原因不明の病気→医療機関では治らない→霊が原因の場合→浄霊や邪気払いにより改善

原因不明の病気→医療機関では治らない→霊が原因ではない場合→スピリチュアルヒーリングにより改善




ご予約

TEL 090-8193-5685


料金については下記のURLの料金欄をご覧ください。

http://www.reikan-ryukai.com/index.html

自分が自分じゃない気がする 以前の自分じゃない 憑霊

00232f378e6f776b44638ca4b8c6d454_s.jpg


当方に相談に来られる方が訴えられる症状の中に、

「自分が自分じゃない」「以前の自分じゃない」

というものがあります。


そういった方の霊視を行うと、やはり霊魂が取り憑いてしまっている
ことが多くあります。

霊魂を取り除くと、「体が元に戻った」「以前の自分を取り戻せた」


といったご感想をいただきます。


では「自分が自分じゃない」心の状態はなぜ生じるのか?

それは何か別の霊体に体が乗っ取られかけているが故に
生じると考えらます。

完全に乗っ取られてはいないので、「あれ?なんか前までの自分じゃない」

と気づく猶予が残されていると言えます。


この状態がひどくなると、気づくことすら出来なくなり、

周囲の人間に危害を加えたり、周囲の人間に様々な悪影響を及ぼします。


ですから、「自分が自分じゃない」「何かがおかしい」「自分らしくない」「前までの自分がここにいない」

という方は霊が原因かもしれないのです。

除霊浄霊について

庭の木を切ってから体調不良と不幸が起きる

Yamasha17511016_TP_V.jpg



庭の木を切ってから、家族が次々と体調不良になったり、不幸な出来事がよく起きる

ようになったというケースがございます。


庭に昔から植えられている木があったとします。

一見するとふつうの木ですが、その木に高級な霊が宿ると、

御神木に変化します。


その木を何の神事を行うこともなく、いきなり切り倒すと、

宿っていた神が怒り、祟りを起こすことがあるのです。


また、高級霊ではなく、ただ単に霊の拠り所になっている

ケースもあります。


その木を丁寧に育て、愛でていた人間が亡くなると、

死後に成仏せず、木に霊として宿ることがあります。


そのような木を切ると、御神木ほどではないですが、

霊障を起こすことがあります。



御神木を切った場合には祟りとしてかなり強く霊障が出ます。

例えば、事故に遭って、体が自由に動かせなくなったり、むち打ち症になったり、

家族が次々とガンに侵される、原因不明の体調不良で寝たきり状態になる

といったことが症状として挙げられます。


不幸な出来事も起きます。

例えば、交通事故にあったり、会社を突然解雇される、火事になる、

急激な事業不振などが起こります。




このように、いきなり木を切り倒すというのは霊的な問題を引き起こす

可能性があるので、気をつけたほうが無難です。


木を切り倒すことが新築の前にあるようでしたら、霊視調査を

されることをおすすめします。


また、木を切り倒してから体調不良や不幸な出来事が起きるように

なってしまった場合は、私が直接怒っている神様にお詫びし、鎮めて、

神々の世界にお戻りいただくようお願いすることができます。


木を切ってから異変が生じてお困りの方はお気軽にお越し

いただければと思います。


関連記事

神様の性質と神罰について

霊能者と霊媒師の違い

本日は霊能者と霊媒師の違いについてです。




Yamasha5010020_TP_V.jpg



その違いは霊界の者とのやり取りの仕方にあります。


霊能者は霊界に自ら訪れ、その世界にいる霊魂とやり取りをし、
その世界で見聞きしたことをこの世に持ち帰ってきます。
そして、依頼者様にそのやり取りを報告します。


霊媒師は霊界から霊を呼び寄せて、直に体を霊に乗っ取らせて、
話をさせるのです。

乗っ取らせると言っても、自分の意識を残しているので、
安全です。

ただし、霊に体を乗っ取らせるため、体への負担は大きいと
言われています。


霊媒師は英語圏では「ミディアム」と言います。

日本では「オダイ」「シャーマン」「イタコ」などの名称があります。

霊媒師で近年有名なのは最後のイタコで知られている

青森県の恐山におられる松田広子さんです。


テレビで拝見させていただきましたが、

本当に故人本人がその場に臨在しているかの

ように、口調から何からそっくりでしたね。

霊媒師による霊界通信はリアリティがあります。





まとめ


霊能者  霊能者が自ら霊界にアクセスし、霊とやり取りする。


霊媒師  霊界から霊を呼び寄せて、自らの体を霊に貸して、霊自らに話をさせる。


最近は霊能者と霊媒師を全く一緒のように捉える向きがありますが、
一応厳密に見るとこのように違いがあるのです。