FC2ブログ

京都の霊能者 龍戒

スピリチュアルや不思議な出来事について書いていきます。神社仏閣を訪れた際に感じた不思議なことも書いております。

霊視 除霊 浄霊 除気(邪気祓い) 因縁供養 について

1433388107645.jpg


ご予約 090-8193-5685
※非通知設定は解除しておかけ下さい


HP http://www.reikan-ryukai.com/


霊障はさまざまな問題の原因となります。
原因不明の痛み、体調不良、災いに苦しまれている方は
お気軽にお越しください。


電話による霊視鑑定も行っております。
出張鑑定は出張料金+交通費実費にてお受けいたします。


霊障とは?

霊障とは霊的障害のことを指します。
霊的なものによって原因不明の体調不良や災いが生じます。
霊障の原因となるものはこちらをご参照ください。


当方に来られる方で多いのは


症状
肩こり 腰痛 めまい 強い眠気 頭痛、 
眼の奥の痛み 動悸 うつ病 アトピー性皮膚炎


災い
経営不振 人間関係のトラブルなどです。


料金はHPの料金欄に記載しております。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スピリチュアル ブログランキングへ

スピリチュアルヒーリングについて

KAZTDSCF6970_TP_V_20170429161249088.jpg




スピリチュアルヒーリング 



守護神に依頼し、メンタルの改善、医療では治せない痛みの緩和を行います。



身体的不調に対する効能

ガンによる苦痛、不妊症、腰痛、神経痛、慢性的な肩や首の凝り、打撲による後遺症、
術後の痛み 、突発的な痛み、慢性的な痛みなどに効果が期待されます。


特にガンの初期治療における不安や苦痛をはじめ、
末期~終末期にかけての緩和ケアが効かない状態での苦痛抑制に効果が期待されます。

ガン患者のうち、1割にはモルヒネなどの医療用麻薬による苦痛の緩和がまったく効果が無く、
かなりの苦痛が強いられています。そのような壮絶な苦しみに対してはスピリチュアルヒーリング
が有効であるとこれまでの実績から考えられます。


精神的不調に対る効能

やる気が出ない、集中力の低下、体のだるさ、不安神経症、不安障害、
ネガティブ思考、過去のトラウマなどの改善効果が期待されます。






※ご注意 

原因不明の慢性的な痛みや突発的な痛みであり、

且つ霊障が原因でない場合にスピリチュアルヒーリングは効果が期待できます。

霊的な問題がある場合はスピリチュアルヒーリングを行っても効果が霊障に

打ち消されますので、その場合は霊的処置を受けていただきます。


本当に病気である場合→医療機関で改善

原因不明の病気→医療機関では治らない→霊が原因の場合→浄霊や邪気払いにより改善

原因不明の病気→医療機関では治らない→霊が原因ではない場合→スピリチュアルヒーリングにより改善




ご予約

TEL 090-8193-5685


料金については下記のURLの料金欄をご覧ください。

http://www.reikan-ryukai.com/index.html

邪気払いを受けるようになってから風邪を引かなくなった

「邪気払いを受けるようになってから風邪を引かなくなった」

このようなご感想をいただくことがあります。


霊的問題は免疫力を低下させるので、風邪を引く原因となります。

しかし、霊的問題を取り除くことにより、免疫力が上がるため風邪を引きにくくなります。

とても単純な論理です。


「かぜ」とは風に邪で風邪となるわけですから、邪気=霊的問題に起因していることがほとんどです。

それが証拠に、最新の医学は風邪は薬では治せないと明示し、薬をなるべく処方しない医師も標準化しつつ

あります。


よって、風邪を素早く治すには邪気払いにより、精神状態を整えることが一番の処方箋といえます。

もちろん、インフルエンザなども同様に、邪気が多いと重症化しやすいので、気になる方やできるだけ

素早く、予後が良い状態にしたい場合には邪気払いが推奨されます。

東寺 教王護国寺 紅葉 2019 

東寺は国を守護する寺院として桓武天皇の頃1200年前に創建され、嵯峨天皇の頃、空海により曼荼羅が整備されました。

大日如来を本尊とすることから、まさに真言密教の聖地です。



東寺と言えばやはり、立体曼荼羅ですが、こちらは当然ながら館内は一切撮影禁止につき、

ご紹介できるのは有名な五重塔(11月下旬撮影)


まずは純粋な五重塔をご覧ください

DSC_1986.jpg



続いては紅葉の五重塔

DSC_1985.jpg


庭園

DSC_1988.jpg


DSC_1995.jpg



DSC_1999.jpg



DSC_2004.jpg


DSC_2013.jpg


見る場所によって色んな表情が見える美しい五重塔でした。

霊的なことを扱う人間は霊的悪影響を相手に及ぼさないようにしなければならない




医療関係者、ヨガ指導者、瞑想家、マインドフルネス指導者、
気功家、整体師、治療家、セラピスト、占い師、エステティシャン、ヒーラー


といった方々は霊的世界に触れてしまうことが多く、霊媒体質者の場合、中には
体調が悪くてやめてしまう人もいるぐらいです。



何より気を付けなければならないのは、お客様に自身に憑いている霊的悪影響が
及ばないようにしなければならないのですが、残念ながら中には相手に邪念を飛ばしてしまうような
施術者もいます。

例えば、ヒーラーをしているつもりが、実際には邪気を飛ばしているような施術者がいたりするのです。

なので、霊的な物を扱う仕事に携わる人間は自身の持っているマイナスの霊的問題を他に及ぼさない
体質でなければなりませんし、仕事が終わった後には自身をとりまくマイナスエネルギーを浄化する
手段を心得ておかなければならないのです。


自身で浄化できない場合は他の人間に処理してもらう必要があります。

実際、とある有名な瞑想家の一人は瞑想の際に邪念が入らないように

瞑想直前に霊能者の元を訪ねてお祓いを受けているぐらいです。



当方には医療関係者、整体師やセラピストの方などから相談をいただくことがあります。
その多くは「客付きが悪い」という相談です。
霊視を行うと、やはり霊的問題が影響しています。


つまり、施術者に邪気や霊が憑いているから、患者が霊的影響を受けた結果、
不快感を感じて、その施術者の元を訪れないということです。


霊的なものに憑依されている状態でサービスを行うと、
相手が不快感を感じるとはどういうことかを具体的に示します。

整体なら

「あの店でマッサージしてもらっても全然スッキリしない」

「あの整体師にマッサージを受けたら逆にしんどくなった」

と患者は感じてしまいます。これは腕の良し悪しに関わらずです。


医師なら

良い対応を心がけているつもりでも

「なんて冷たい先生なんだ」

「偉そうな話し方をする医者だなあ」

というふうに患者は感じます。


占いであれば

「相談してホッとするどころかゾッとした」

といった具合になります。


その結果、客付きは当然悪くなるのです。


なので、霊的問題に晒されやすい職業をしている方で何となく霊的問題が私生活や
仕事に影響を及ぼしている気がする場合は霊視調査をおすすめいたします。