京都の霊能者 龍戒

スピリチュアルや不思議な出来事について書いていきます。神社仏閣を訪れた際に感じた不思議なことも書いております。

霊視 除霊 浄霊 除気(邪気祓い) 因縁供養 について

1433388107645.jpg


ご予約 090-8193-5685
※非通知設定は解除しておかけ下さい


HP http://www.reikan-ryukai.com/


霊障はさまざまな問題の原因となります。
原因不明の痛み、体調不良、災いに苦しまれている方は
お気軽にお越しください。


電話による霊視鑑定も行っております。
出張鑑定は出張料金+交通費実費にてお受けいたします。


霊障とは?

霊障とは霊的障害のことを指します。
霊的なものによって原因不明の体調不良や災いが生じます。
霊障の原因となるものはこちらをご参照ください。


当方に来られる方で多いのは


症状
肩こり 腰痛 めまい 強い眠気 頭痛、 
眼の奥の痛み 動悸 うつ病 アトピー性皮膚炎


災い
経営不振 人間関係のトラブルなどです。


料金はHPの料金欄に記載しております。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スピリチュアル ブログランキングへ

スピリチュアルヒーリングについて

KAZTDSCF6970_TP_V_20170429161249088.jpg




スピリチュアルヒーリング 


独自のヘミシンクを用いたセラピーです。

神道においては神界、ヘミシンクではフォーカス49に存在する

守護神に依頼し、メンタルの改善、医療では治せない痛みの緩和を行います。


メンタル、腰痛、神経痛、慢性的な肩や首の凝り、打撲による後遺症、術後の痛み
などに効果が期待されます。


やる気が出ない、集中力の低下、体のだるさ、原因不明の慢性的な痛みや

突発的な痛みであり、且つ霊障が原因でない場合に特に効果が期待されます。



本当に病気である場合→医療機関で改善

原因不明の病気→医療機関では治らない→霊が原因の場合→浄霊や邪気払いにより改善

原因不明の病気→医療機関では治らない→霊が原因ではない場合→スピリチュアルヒーリングにより改善




ご予約

TEL 090-8193-5685


料金については下記のURLの料金欄をご覧ください。

http://www.reikan-ryukai.com/index.html

ローラ・リン・ジャクソン 魂の呼び声に耳をすまして 奇跡の霊能者のメッセージ  奇跡体験アンビリバボー出演 





魂の呼び声に耳をすまして 

奇跡の霊能者のメッセージ

著者 ローラ・リン・ジャクソン




大反響を呼んだ全米ベストセラーであり

7か国以上で出版されている驚異の

ヒーリング・ストーリー


プルーフ・オブ・ヘヴンの著者である

脳神経外科医のエベンアレグザンダー医師は

「素晴らしい本だ」と絶賛。


筆者は昼は高校の英語教師、夜は霊媒師として20年以上活動。

ウィンド・ブリッジ・ヒューマンポテンシャル応用研究所、及び、

フォーエバー・ファミリー会から霊能力の正式認定を受けている。


デビュー作の本書は2015年のニューヨークタイムズ紙のベストセラーリスト

にランクイン。


アメリカで人気と実力共にトップレベルの霊能者の一人。

ウィンド・ブリッジ・ヒューマンポテンシャル応用研究所は超常現象を研究する

科学機関であることから、彼女は科学でも認められた霊能者ということになる。


彼女は小さなころより霊能力があったが、それを人には知られないようにしており、

霊性とはまったく関係ない文学を学ぶために留学し、卒業後は弁護士になろうと

したが、心が変わって教壇に立つ道を選ぶ。


自分が本を出す気などさらさらなかったが、ある日学校の昼休みの見回りをしている

時に「向こうの世界」からいきなりとてつもない量の知らせや声が雪崩のようにやってきて。

それは雷に打たれたような衝撃であり、このようなシンプルなメッセージを受け取った。

「あなたの物語をみんなに伝えなさい」

これはまさしく神の啓示であり、彼女は本を書くことを決めたという。





本書はリーディングを通して、人を癒し、本来進む道を教え、この世を超えた

世界とみんながつながっていることを伝えることを目的としている。


「死後の世界の可能性について少しでも考えることをしなければ、
大いなる美しさやあたたかさ、愛や癒しを生み出す存在から自分を断ち切ることになってしまう。
心を開くことが出来れば、知恵や幸福、純粋さを手に入れることができる。」


「わたしはリーディングを通してわかった大いなる真実について特にお話し
したいと思う。この世のわたしたちはみんな、まばゆいような光の束でつながっている。
そしてその光は、わたしたちと、亡くなった大切な人たちを結び付けている。
わたしにはその光が見える。わたしたちは光でつながっているのだ。」






さて、個人的にこの本が良いと思えるところは彼女の考え方にあります。

というのは彼女は論理的であり、批判と検証、分析を大事にする科学的見方の

持ち主だからです。

エベン医師の本もそうですが、妄信せずに客観的に観察している本は良書が多いと
感じます。


彼女が正式に認定を受けた科学機関ウィンドブリッジ・ヒューマンポテンシャル研究所とは
従来の科学では解明できない現象の研究に取り組んでいる科学者の組織。

厳しいスクリーニングと認証システムを設けている。

外部からの要素に影響されるあらゆる可能性を排除している。

コールドリーディング、参加者の偏見や主観、実験者からの何らかのサイン、

テレパシーさえも排除する。

五重盲検リーディングでは実験を監視している人はあらゆる情報から遮断される。

試験官も霊能者も何の情報も一切持たずにある依頼者の亡き人物のファースト

ネームだけをたよりに、特徴や年齢、容姿などを当てる必要がある。

これにより、ローラ氏に与えられる情報は亡くなった霊からくるものだけだという

ことが確証される。

このような厳しいプロセスを経て彼女は正式にリサーチミディアムに認定された。


さて、彼女は霊感が強く、さまざまなエネルギーの影響を受けていたといいます。

そのエネルギーは今はコントロールできているが、子どものころはそれができず、

苦労していたようです。


人のエネルギーやオーラを読み取ることで、どのような人間で、どのような道に進むべきか

、などがわかるという。


加えて、死後の世界に行ってしまった人と繋がることができるので、亡くなった人と

生きている人との橋渡しをおこなっている。


彼女は死後の世界と依頼者とのやり取りを通じて、さまざまなものを学びます。

愛する人がなくなっても、ずっと一緒に見えない形で存在

し続けて残された人を応援してくれていることが数々のリーディングで示されています。


愛する家族を亡くし、悲しみに暮れている家族に対し、著者が知るはずのない情報を

次々に依頼者に話すことで、故人が「肉体的には死んでも意識として存在している」ことを

証明し、依頼者に生きる希望を与えるという内容に多くのページが割かれています。



本書を一言でいえば、科学機関に認められた霊能者(ミディアム)が
数々のリーディングの結果から「死後の世界が存在することを知ってほしい」と唱えている本です。

人間は亡くなれば、みんな明るい世界(天国)に行くことができるというように書いてありますが、

これに関しては賛否があるでしょう。


そもそも、エクソシスト、除霊師の視点で書かれてはいないので、

悪霊、不成仏霊、地縛霊、は一切出てきません。



自殺者であっても天国に行って癒されるという内容が書かれていましたが、

これはさすがに言い過ぎかもしれません。




本書に登場する人物は人柄が良く、周囲への迷惑を心配したための自殺

だったので、自殺しても成仏できる人物でした。

これが、散々人に迷惑をかけた上に身勝手な理由での自殺であれば、

間違いなく成仏せずに悪霊となってこの世に留まるでしょう。



上記より、ローラ氏は成仏している霊とコンタクトを取る専門家であり、

不成仏霊とコンタクトを取ることはしていないことが窺えます。

本書には天国にいる=成仏している霊のみが登場し、成仏できていない

不成仏霊が登場しないのはそのためだと考えられます。





おわりに

霊能者が書いた本としては内容は客観的であり、
科学的視点も取り入れられているので、否定派の人も
読める内容の良書に仕上がっていると思います。


























 仏壇とお墓 先祖供養のやっていいこと悪いこと 墓仕舞い

今回は仏壇とお墓について、何が正しくて何が間違いなのか。

そして、先祖供養のタブーについてもご紹介します。




c2251f5ccf61992a2bfd78924de922b6_s.jpg


●仏壇について

家族が亡くなると、仏壇やお墓を購入するという方もおられるかと思います。

仏壇は身の丈に応じた値段のものを購入されるとよいです。

「高い仏壇だから成仏が早い」といったことはありません。


●戒名は信士、信女、居士、大姉、といった位号のほかに

院号、菴号、軒号などの称号が付くものがあります。

称号は菩提寺への貢献度や社会的に活躍した場合などに

与えられるものですから、一般的には位号が用いられます。

菩提寺への貢献とは様々ありますが、戒名料を多く包むことなども

貢献に含まれる場合があります。


しかし、「院号だからすぐに成仏できる」

といったルールはありませんので、特にこだわる必要はないでしょう。


●仏壇の向きと置き場所

仏壇の向きは北側は避けたほうが良いとされています。

仏壇を置く場所としては、できるだけ静かで落ち着ける場所

に置くようにしましょう。


もしも、手狭な場合はリビングに置くような場合があると思います。

この場合は仏壇のある場所を特別な場所であることを意識すれば良いです。


●仏壇の祀り方

仏壇は家にあるお寺と言われています。

基本として本尊が祀られています。

本尊のご慈悲により、故人が極楽浄土に導かれるということです。

本尊は位牌より上にします。



位牌は白木のものを四十九日まで使い、以後は黒塗りの本位牌を

飾ります。


この位牌は三十三回忌を終えると、菩提寺にて「おしょうね抜き」

をしてもらい、先祖代々の位牌に変えます。

「おしょうね抜き」をしてもらった位牌はお寺に納めましょう。



●仏壇の中がゴチャゴチャしているのは良くありません。

小さな写真立て以外は宗派により決められた

基本的なものだけを置くようにします。


仏壇の掃除は月に一度ぐらいを目安に行いましょう。


供え物としては、お水、お花、お米が基本です

水は毎日変えて供えるようにしましょう。

きれいな水を供えることは先祖供養では重要になります。

仏花もできるだけ供えるようにし、枯れ始めれば変えるようにします。

米は炊き立てを仏飯器に盛って、供えます。


供え物をきっちりすることによって、故人の供養になりますし、

何より、舞台装置の役割を果たし、真剣な気持ちで供養に

臨むことができるでしょう。




●仏壇のタブー

仏壇の周りが散らかっていたり、仏壇の上に物を置くのは避けましょう。


仏壇の前で故人に対してブツブツ愚痴を言ったり、願い事をするのはやめましょう。

「あなたが死んでなかったらうまくいっていたのに」

「長男が問題行動を起こしました。何とかしてください」

「お父さん、何とか生活が楽になりますように」


仏壇の前でブツブツ愚痴をこぼしたり、ネガティブな報告をしたり、

願い事をすると、障りを起こすことがあるのでやめましょう。

故人は安心して成仏したいわけですから、後ろ髪を引かれる

ようなことをして成仏を妨げてはなりません。


仏壇の前では日頃の感謝と良い出来事を報告し、故人に安心して

もらうことが大切なのです。

「お陰様で元気に過ごせています。ありがとうございます。」

といったポジティブなことを言うようにしましょう。


●遺影の大きな写真は菩提寺に納めるようにすること

仏壇のある部屋の柱などに大きな遺影を飾られている家をみかけます。

これは理由は定かではないのですが、障りを起こすことがあるとされている

ので、1周忌には遺影を菩提寺に納めて、小さな写真を置くようにしましょう。


障りを起こす考えられる理由は

写真には念が宿りやすく、外から入ってきた浮遊霊などが宿ると、
先祖が居心地の悪さを感じて障りを起こす

あまりにも立派な写真が飾ってあると先祖はこの世に未練を感じてしまい、
成仏の妨げになるため障りを起こす

などが考えられます。


●仏壇の扉を閉めっぱなしにしない

これも近年多いのですが、仏壇の扉を閉めたままにしているケースがあります。

水を変えないだけでもいけないのに、扉まで閉めっぱなしでは故人、ご先祖も

怒って障りを起こすことがありますので気を付けましょう。



〇お墓について



ad04efe30e74b323d2a34c20ebbd623b_s_201708071431358dd.jpg


ここからはお墓について書いていきますが、

前置きとして墓仕舞いについて触れておきます。

近年はお墓を撤去する墓仕舞い、お寺に納骨して

永代供養してもらうなど、昔とはお墓の在り方が様変わりしています。


たしかに、高度経済成長期やバブル時代を謳歌した私の親世代は

供養を真剣に行うために立派な墓を建てたというよりも、

「立派な墓を建てた自分を誉めてやりたい」というような自分を誇るステータス

の一つにしていた感があり、今の時代の考えはある意味正常に戻った

のかもしれません。


故人が人里離れた山に自分専用の大きな墓を建てて喜んで逝去したが、

残された子孫は高齢となり、墓参に大変な苦労を強いられる。

やがては子孫自らも「墓参できなくなると無縁仏となってしまう」と考え、

墓を自分の居住する地域に移した。


このような事例が聞かれます。


このような先祖が無縁仏にならないためにやむにやまれぬ思いで

墓仕舞いをしたり、墓を移すのは良いですが、なかには「面倒くさいから墓を仕舞った」

というような方もおられます。


このような理由で墓仕舞いをした後から、家族中が原因不明の体調不良を訴え、

会社からリストラに遭うわで大変な障りが起きて困った依頼者もいました。

霊視を行うと、先祖が怒っていて、供養が足りずに苦しい窮状を訴えてきました。

このように、怠惰な理由で墓仕舞いをしては障りの元になりますし、墓が必要な

家系というものも有り得ますので、墓仕舞いは慎重に行われるべきなのです。


「お隣さんも墓仕舞いしたからウチも墓仕舞いをしようかしら」

「今の時代は墓は古い!親戚みんなで墓仕舞いをしよう」

このような考えを以ってしての墓仕舞いは控えましょう。


せめて、「後の子孫にお墓の手入れで負担をかけてはゆっくり成仏できない。
だからご先祖さんには悪いけれど、墓仕舞いさせてもらいましょう」

このような先祖と子孫への配慮を理由として、墓仕舞いを行うように
しましょう。


もしも、既に安直な考えで墓仕舞いをしてしまい、その後体調や

トラブルが頻発するようなら、霊能者による先祖の説得が必要に

なります。


また、安直な理由ではない墓仕舞いであっても、墓に宿っていた浮遊霊や

地縛霊を刺激してしまえば、障りが起きますので、その場合も要注意です。


以上が近年多い墓仕舞いに関するトラブルでした。


〇お墓のマナーについて

こちらはほとんど仏壇の祀り方と大差ありませんが、

一応書かせていただきます。


〇写経を入れない

お墓の中に写経などを入れる方があるのですが、

これは障りの元になりますからやめておきましょう。


〇五輪塔や石仏を設置しない

少しでも故人の成仏を早めるためにと、五輪塔や

石仏などの豪華な置物を置く場合があります。

しかし、五輪塔や石仏などには不成仏霊や浮遊霊が

喜んで寄ってきますし、成仏を早めるといった効果は

ありませんので、できれば設置しない方が良いでしょう。


〇明るくカラっとした場所に設置すること

お墓は朝日がさんさんと降り注ぎ、カラっとした場所に

設置するのが望ましいです。

暗くてジメジメしたような場所ではご先祖も嫌になります。



〇参拝の仕方

お参りした際には新鮮なお水とお線香とお花と故人の好物を供えます。

掃除は丁寧に行うのは良いですが、あまり気合を入れて

墓石を激しく磨いたりはしないようにしましょう。

ピクニック気分で墓参りをするのは避けましょう。

あまり墓の前では騒がしくせず、掃除などが済んだら、できるだけ

早く退散するようにしましょう。


また、墓参りにおいても愚痴は禁物です。

先祖が心配して出てきて障りを起こすことがあります。

できるだけ、先祖が安らかに眠れるように、楽しい報告を

心がけましょう。

正しい先祖供養の方法と間違った先祖供養 忌日・年忌法要について

80f2d06619948c4ac9e5033c15fe6554_s.jpg





さて、葬儀を終えると、続いては法要が営まれます。

故人が亡くなった日から数えて7日目を初七日といい、

以後、7日ごとに二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日 、

そして百ヵ日と続いていきます。


初七日法要は葬儀の日に行われることもあります。

菩提寺の意向に任せれば良いでしょう。





七日ごとに行われる忌日法要の意味としては

まだまだ種々の迷いと煩悩にとらわれている霊魂が

初七日から四十九日までの計七回をかけて種々の仏様に浄化して

もらうとともに仏法の教えを授かり、成仏へと導かれるのです。


故人が亡くなってから100日目を百箇日と言い、これをもって、

極楽浄土へと出発します。

百箇日は卒哭忌とも呼ばれます。

哭という語は「大声で泣く」という意味なので、

大声で泣くことから卒業するということになります。

故人が亡くなって大変悲しかった気持ちも百箇日(卒哭忌)
を迎えると、ほとんどなくなっているということですね。


さて、百箇日を終えると、年忌が続いていきます。

一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、二十三回忌、

二十七回忌、三十三回忌、五十回忌


近年は三十三回忌をもって区切りとするところが多いです。

これは特に問題ありません。


年忌法要を行う意味としては、故人を偲び、故人があの世で

幸せに暮らせるように祈ることにあります。


この日は特に故人の冥福を強く祈る

日であると思ってもらって大丈夫です。


「私は元気でやってますから、どうか安らかにしてください」

このように願う特別な供養の日なのです。


さて、年忌以外にも祥月命日、月命日があります。


祥月命日は故人が亡くなった日のことです。

7月17日に亡くなられたなら、祥月命日は7月17日になります。


この日は特別な日なので、いつもより強い気持ちで供養するように

し、お墓参りに行くなどして、普段より違った供養を心がけましょう。


月命日は故人が亡くなった日に毎月あります。

7月17日が祥月命日なら、8月17日、9月17日、10月17日、、、

この月命日は普段よりも少し気持ちを込めて供養します。

変化を付けるために、故人が生前好きだった食べ物を供えたり

するのが良いでしょう。


次回は仏壇やお墓について、

そして間違った供養、不成仏について書いていきます。