京都の霊能者 龍戒

スピリチュアルや不思議な出来事について書いていきます。神社仏閣を訪れた際に感じた不思議なことも書いております。

霊視 除霊 浄霊 除気(邪気祓い) 因縁供養 について

1433388107645.jpg


ご予約 090-8193-5685
※非通知設定は解除しておかけ下さい


HP http://www.reikan-ryukai.com/


霊障はさまざまな問題の原因となります。
原因不明の痛み、体調不良、災いに苦しまれている方は
お気軽にお越しください。


電話による霊視鑑定も行っております。
出張鑑定は出張料金+交通費実費にてお受けいたします。


霊障とは?

霊障とは霊的障害のことを指します。
霊的なものによって原因不明の体調不良や災いが生じます。
霊障の原因となるものはこちらをご参照ください。


当方に来られる方で多いのは


症状
肩こり 腰痛 めまい 強い眠気 頭痛、 
眼の奥の痛み 動悸 うつ病 アトピー性皮膚炎


災い
経営不振 人間関係のトラブルなどです。


料金はHPの料金欄に記載しております。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スピリチュアル ブログランキングへ

スピリチュアルヒーリングについて

KAZTDSCF6970_TP_V_20170429161249088.jpg




スピリチュアルヒーリング 


独自のヘミシンクを用いたセラピーです。

神道においては神界、ヘミシンクではフォーカス49に存在する

守護神に依頼し、メンタルの改善、医療では治せない痛みの緩和を行います。


メンタル、腰痛、神経痛、慢性的な肩や首の凝り、打撲による後遺症、術後の痛み
などに効果が期待されます。


やる気が出ない、集中力の低下、体のだるさ、原因不明の慢性的な痛みや

突発的な痛みであり、且つ霊障が原因でない場合に特に効果が期待されます。



本当に病気である場合→医療機関で改善

原因不明の病気→医療機関では治らない→霊が原因の場合→浄霊や邪気払いにより改善

原因不明の病気→医療機関では治らない→霊が原因ではない場合→スピリチュアルヒーリングにより改善




ご予約

TEL 090-8193-5685


料金については下記のURLの料金欄をご覧ください。

http://www.reikan-ryukai.com/index.html

ガン患者が多く集まる湯治場に行くと体調が悪くなることがある

318a5ccc9d51aedc895db7d69b807d85_s.jpg



「ガンが治ることで有名な湯治宿に泊まったところ、それから体がだるくてたまらない」


そのような症状を訴えて来られた方がおられました。


早速霊視を行うと、邪気で真っ黒であることが判明しました。


邪気とはマイナスエネルギーのことです。


妬み、恨み、悪因縁、疾病などによって発生する

人を不幸にしたり、体調不良を生じさせる負のエネルギーです。


さて、ガン患者が多く集まるような場所では

邪気が多くなります。


これまでの経験から、ガン患者には邪気がかなりの高確率で

憑いており、体の倦怠感や不安感を増幅させていることがわかっています。



特に悪性度の高いものの場合は悪因縁が原因

となっているケースもありますから、邪気がかなり多くなります。


病院ではガンを克服できそうにないために、湯治場に来ている

ような患者は悪因縁によるものが多いです。


そのような場所に何の病気もない健康体の者が近づくと、

たまたま波長が合ってしまった場合、影響をもろに受けてしまうのです。


また、ガン患者の場合においても、せっかく湯治に来たのに、充満した邪気の

影響を受けて体調が悪くなってしまう可能性もあります。



いくら効能が良いからと言って、あまりにも湯治客がひしめいている

ような湯場は避けたほうが無難と言えます。




上記の依頼者の方は当方にて邪気払いを受けられて以降、

以前のような健康を取り戻されたとのことでした。




蛇憑き 蛇の因縁 ヘビ、トカゲ、カエルなどの爬虫類を安易に捕まえたり殺してはいけない

ヘビやトカゲを捕まえて飼う人がいるということですが、

これはスピリチュアル的に見ると、大変危険なことです。


N825_yamakagamihebi_TP_V.jpg





特にヘビは神のお使いとして、活動している眷属として

昔から知られている生き物です。


もしも、眷属として強い神意識が宿るヘビを捕まえて身動きできない状態にすると、

神罰として大変な障りが起きることがあります。


家族の精神状態がおかしくなったり、急に仕事でトラブルが増えたり、

食欲が失せて食べ物が入らなくなり、どんどん痩せて行って衰弱したり

といった原因不明の症状が出ます。


ヘビ以外にも、トカゲやカエルといったものにも神の意識が強く宿る

ことがあります。


また、ヘビやトカゲを殺すのが好きという危険な子供や大人がいます。

もちろん、マムシやハブなどの毒性が強く、殺さなければいけない場合は

良いのですが、わざわざこちらから不必要に殺生するようなことは御法度。


蛇の殺害は殺生という因縁になりますので、蛇を捕まえるよりも遥かに

きつい祟りとなって現れます。蛇の因縁と呼ばれるものです。


蛇を捕まえた場合はすぐに自然に返し、神様にお詫びする儀式を行えば良いのですが、

殺してしまうと、お詫びするのに大変な根気が要りますし、因縁切りも必要になります。


特に、蛇憑き、蛇の因縁があると暴力的になるので、奇声を上げ続けたり、家の中のものを

壊したりといった症状が出る傾向が強くなります。


暴力的ではなく、寝たきり状態になり、意味不明な言葉を発し続けることもあります。


また、蛇を祀る祠が家にあったり、蛇を祀る祠などを壊したり、移動させると障りが

起きることもあります。


なかには蛇の死骸が珍しいものだったため、家に飾ったところ、

途端に体調がおかしくなり、当方に駆け込んでこられた方もおられます。


「蛇を殺してから体調が悪い」

「蛇を捕まえてから精神が乱れる」

といった場合は蛇憑き、蛇の因縁と考えられます。


とにかく、蛇に関わる障り・祟りは恐ろしいので、身に覚えがある方は

お早目にお越しいただければと思います。

先祖供養はなぜ必要なのか? 先祖の不成仏霊と先祖の障り

先祖供養、先祖供養と一口に言っても、

意味が分からない人が現代では多いかもしれません。

なぜ必要なのか?という疑問が生じている人も

多いのではないでしょうか。



2abb22a7dcdd70cc7fca2b375836564b_s.jpg






本日はなぜ先祖供養が必要なのかについて考えていきましょう。


さて、人は死によって肉体に宿っていた魂が肉体から離れると、

この世を去ると同時にすぐに霊界に行くか幽界に身を置くことになります。


幽界の表現は様々あります。

多種多様です。

しかし、一般的には冥土と言われる暗闇に包まれた

迷いの世界であり、その冥土を長い年月をかけてゆっくりと進み、

霊界という天国、浄土に到達し、癒されるのです。


その浄土へと至る霊魂を応援するのが先祖供養なのです。


「死んだら即天国だから人生楽しまなきゃ損だよ損!」

といった誤ったことを平然と言い流す者がいます。


これは間違いです。

死して即浄土に至る霊魂というのは数少ないのです。

多くの霊魂は先祖供養を必要とし、残された子孫は先祖供養に

務めるのが基本です。


「死んだら天国で見守ってあげるからね」

と言い放って亡くなる方もありますが、本当に即天国に至れるか

どうかはわからないのです。


「死んでこんな暗いとこに落ちるとは夢にも思わなかった」

そのようにして叫ぶ霊魂を何度も視てきました。


下記ではなぜ成仏が難しく、丁寧に供養する必要があるのかを

明らかにします。


さて、

生前に家族からは良く思われ、仕事の関係者からも慕われていた

というような完璧な人もいるでしょう。

反対に、

浮気を重ねて家族からは煙たがられ、職場では偉そうなことばかり

言って嫌われているといった人もいるでしょう。


これらの外的な因縁に加え、霊魂自身が欲にまみれていたり、未練がましく

「あいつがいなかったら俺はもっと上の地位に行けた」などと恨んだり、

職場から嫌がらせを受けたことを根に持ち、怒り哀しんでいることも

あるでしょう。

家族と仲違いしたまま恨みを抱えていることもあります。


このような欲望・貪り、罵詈雑言による傍迷惑、憎悪、苦しみ、悲しみ

といったネガティブな感情に縛られていては成仏が難しくなります。

そのような負のエネルギーで凝り固まった心を供養によって少しずつほぐしていき、

やがては本人が納得する=悟る ことによって成仏できるのです。


人間というのは知らず知らずのうちに人を傷つけていたり、

欲が深く、身勝手な立ち居振る舞いをしたりする生き物です。

その行為に対して生前、完全に償い、心を清らかにして亡くなれば

良いのですが、それは簡単なことではありません。


だからこそ、残された遺族が故人に代わって先祖供養を行い、

徳をしっかりと積む生き方をし、その徳を先祖に届けてあげるのです。

先祖代々連綿と受け継がれてきた供養の心をあなたも受け継ぎ、

あなた自身も子孫によって供養を受けることになるのです。


さて、上記に心が清らかであることが成仏には重要と書きました。

しかし、故人が生前欲が深かったり、身勝手だったということだけが

なかなか成仏できない理由というわけではありません。

亡くなり方によって成仏が難しくなることがあるのです。


交通事故による突然死

火事や自然災害による悲惨な死、

緩和ケアが効かずにガンでもだえ苦しみながら亡くなった

事業の失敗を理由に自殺した

因縁が深い


あまりに死が突然訪れた場合は自分が死んだということを

自覚できていない場合が多く、必死に真剣になって供養してあげる

ことによって、死を自覚させることから始まり、やがて成仏に至るのです。


あまりにも生前の病気が苦しみに満ちていた場合は死後もなお、

その苦しさを引きずって、成仏できないこともあります。

この場合も、供養に力を入れる必要があるのです。


また、特に自殺してしまった場合はほとんどの確率で成仏できずに、

身内や親戚にきつい障りを起こすので、こればかりは通常の供養だけ

では足りないと考えたほうがいいです。


先祖が武士であった家系の場合、殺された敵陣の霊魂たちが

凶悪な怨霊として付きまとい、成仏を妨げることがあります。



さて、

私のところにはご先祖が長い間かかってもなお、

成仏できずに苦しみ、助けを求めて涙ながらに訴えて来られる場合が

あります。


成仏できない先祖は苦しさのあまり、残された遺族、子孫に障りをもたらします。


障りとは、事業がうまくいかなかったり、子供の登校拒否や家庭内暴力、

旦那の度重なる浮気、ノイローゼや不眠症、うつ病といったものとして

現れます。


「ずっと体調が悪く、亡くなった父が成仏していない気がする」

「妹が亡くなってから悪いことばかり起きる」


といった場合は霊能者による先祖供養が

必要かもしれません。